不眠治療といえば睡眠薬!

睡眠薬で不眠症を改善する

寝つきが悪くなったり、夜中に何度も起きたりしてしまう不眠症。自然治癒は難しく、生活習慣を改善しながら不眠を解消していくのが一般的な治療法となっています。
そのため病院やクリニックに何回も通って、治療を進めて行く必要があるのです。しかし中には家庭の事情や、仕事の都合がありなかなか病院へ行けず治療を途中で断念する人も。
睡眠薬は、不眠症治療には欠かせない薬。途中で治療を断念してしまうと、余計に悪化するケースもあるのです。
「不眠症治療を続けたいけど何度も通えない」という人には、海外から睡眠薬を輸入できる通販を利用してラクに睡眠薬をゲットしてみましょう。

不眠症は簡単には治らない

日本人は5人に1人が不眠症を抱えているといわれています。空気を読む文化、人に気を使うのが常識とされている日本では神経質になりがちです。
仕事人間、いわゆる社畜もたくさんいるため眠る直前で翌日の仕事の事で頭を悩ませる人も。
実は不眠症を抱えている人の中には、翌日の事を考えすぎたりどこか不安や緊張感を覚えたりするのが原因で不眠症になる人もいるのです。
最初のうちは「ただの睡眠不足だから大丈夫でしょ」と、睡眠を疎かにしてしまい自分のことを後回しにしていると不眠症を発症しやすくなります。
不眠症は自覚が低い病意気でもあるため、気づかないうちにだんだん慢性化していくのです。
そのため慢性化した後に気付き、いきなり生活習慣を整えようとしても治りづらいのが不眠症。
寝不足がずっと続いている状態の人で、睡眠時間は確保しているのに眠れないという方は病院で診てもらいましょう。

病院でよく処方されている薬はルネスタ

不眠症治療薬として有名なルネスタは、病院で不眠症患者によく処方されているものです。
即効性があり、翌日に眠気の持ち越しも軽減されているとして人気のある睡眠薬。
ルネスタはアモバンという睡眠薬の改良版です。アモバンで懸念されていた苦味の副作用が軽減されています。
即効性があるという特徴から、寝つきの悪い不眠を抱えている人に最適です。

日本では2012年に発売されたばかりで、ジェネリック医薬品はまだ販売されていません。そのため病院では、ルネスタ(先発薬)しか購入できないのです。
薬のジェネリックが販売解禁されるのは、10年ほどかかるといわれています。その理由は、先発薬が販売され始めた10年間はジェネリックを製造・販売をしてはいけないから。
先発薬特有の特許ですね。
そのため2020年現在では、ルネスタのジェネリックが販売されていないのです。

実は病院以外でも購入できる睡眠薬

ルネスタ自体は病院以外では購入できませんが、実は海外から輸入して医薬品を購入する方法もあります。
通販サイトには、ルネスタのジェネリックもあるため通院が厳しい人にはピッタリの手法。
すでに病院での治療を受けている、尚且つルネスタを処方されている人は通販を利用してみるのをオススメします。
通販では、普通のネットショッピングみたいにスマホやパソコンで簡単に購入手続きが可能です。