ドラッグストアで買える睡眠薬は効くのか

市販で買える睡眠薬

眠れない日々に悩んでいる人の中には、睡眠薬をラクで簡単に手に入れたいと思っている人もいるのではないでしょうか。
薬局やドラッグストアで販売されている睡眠薬を買ってみたり、楽天やAmazonで発売されている薬を注文したり、手当たり次第にトライしている人も。
しかし実は睡眠薬を手に入れるためには、医療機関へかからないといけないのです。
そのため薬局へ出向いたとしても、医師から処方箋を出されない限り睡眠薬は手に入りません。
なぜ睡眠薬は医療機関でしか処方されないのかをチェックしていきましょう。

市販されている薬は睡眠薬ではない/h2>

市販薬は大まかに分けて第1医薬品から第3医薬品に分類されています。
睡眠薬は医薬品に該当し、医師の判断なしでは処方できない薬なのです。
医療用医薬品とも呼ばれていて、素人では判断できないまたは医師免許を持っている人しか処方できません。

また楽天やAmazonで販売されている医薬品も、もちろん医療用医薬品ではありません。そのため慢性的な不眠症を抱えている人にとっては、効きが弱かったりまったく効かなかったりということも起こり得ます。
医療用医薬品に該当する睡眠薬は、ネットや市販で販売してはいけないという法律があるため病院やクリニック以外では購入できないのです。
「不眠症かも知れない」と思って、市販薬から試すのもひとつの方法です。しかし飲んでもまったく眠れなかったという人は、1度医師に相談するのが最適。
効かなかったからといって、諦めないでください。

市販薬は誰が使う薬?

市販されている薬は、睡眠薬ではなく睡眠改善薬に該当します。睡眠改善薬は、不眠症患者が服用するものではありません。
海外旅行による時差ボケ、あるいはストレスや翌日の試験の事で頭がいっぱいになり眠れないといった人にピッタリの薬なのです。
また2~3日眠れていないという方にも、最適な薬。そのため「不眠症まではいかないけれど眠れない」という悩みを抱えている人にオススメです。

睡眠改善薬にはドリエルやリポスミン、ナイトプラス、グリシンといった商品が代表的です。